虚空蔵菩薩曼荼羅(古物)Mn2020 52 x 77cm
ヒマラヤ遊牧山岳民族から入手。ラマ僧による手描き曼荼羅。
丑(ウシ)・寅(トラ)年生まれの守護神
智恵・学徳・福徳を象徴する本尊。
福と智を虚空のように無限に持っていて、衆生の望みに応じて、分け与える。(多羅仏母)
供養することにより、長寿が得られる。
御名を唱えれば、驕慢(慢)、無知蒙味(痴)、怒り(瞋)、嫉妬(嫉)、誤った考え方(邪見)、けち(慳貧)、欲望(貧欲)、疑惑(疑)から引き起こされる恐怖から護られる。8つの恐怖を獅子、象、火、蛇、泥棒、鎖、水、妖怪の形で表現。慈悲/与願印
ラマ僧による肉筆
綿の布に鉱物染料を使って、経典を読んで独自の解釈で描いたもの。
一色一本の筆使い。