仏具ペンダントトップ
A071  9x33mm  ブロンズ ↓ A072  9x33mm  ブロンズ ↓
五鈷杵・・・ 儀式を行う僧侶の右手の中にあり、方便を表し、仏教の儀式で常に金剛鈴ティーブと共に使われる。東西南北の四方と中心に自分を置く中心棒で五鈷となり、自分の中に宇宙を掌握すると言う意味合いがある。
A073  434x34mm  ブロンズ ↓ A074  34x34mm  ブロンズ ↓  
羯磨・・・2つの五鈷杵を十字にして宇宙を形作り、平和の象徴を表現する。
A076  30x37mm  ブロンズ ↓ A077 24x22mm  ブロンズ ↓
カルティ羯磨・・・2つの五鈷杵を十字にして宇宙を形作り、平和の象徴を表現する。 カルティ・・・煩悩を断ち切る象徴として表される。